2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 書評『フォークロアは生きている』 | トップページ | シンポジウム「沖縄の紙資料からみえてくるもの」 »

2007年4月28日 (土)

書評『神々の古層 竜宮ニガイ』

1993(平成5)2月23日(火)『沖縄タイムス』「書評」欄掲載

書評 比嘉康雄『神々の古層10 竜宮ニガイ』ニライ社
 1989年から始まった写真集「神々の古層」シリーズの10冊目にあたる本書は、漁業をなりわいとする宮古島の狩俣・池間・佐良浜で行われている海の神へ祈願祭祀<竜宮ニガイ>をテーマにしている。海に生きる人々は、北風が南風へと変化する天候の不安定な時期の旧暦2月(佐良浜では旧11月の2回)に<竜宮ニガイ>の祭祀を行い、竜宮神に対しての海鎮めを願い航海安全と大漁への祈りを捧げるのである。
 本書の特徴は、カメラを通して著者自身の感性に触れた「竜宮の神と向き合う人々」をとらえた写真、つまり祭祀の場に身を置いた著者自身の「実感」の表現である写真と、祭祀調査の実証的データーを提供することを重視した文章とがバランスよく配置されていることである。このような著者の一つの祭祀に対して異なるスタンスを持つ写真と文章とを配置する姿勢は、「神々の古層」シリーズを通して一貫して変わらない。
 著者が「切実な祭祀」と語る<竜宮ニガイ>で正面の海に対峙し砂浜に一列に並び祈りをささげる人々の姿は、日常から離れるものではなく生活の中にある。例えば<手>の表情。参加者の供物をささげる手、線香を差し出す手、神女たちの合わせられた祈りの手、両手を胸の前に突き出し招く手、波打ち際で祭祀用の小石を一つ一つ拾う手、供物の豚を解体する男たちの手、座り込んだ子供たちの膝を抱える手、浜辺で祈願のために集まった人々のさまざまな手の表情の中に、海と距離感を置くことができない、漁業を生業とする人々の生活感情があふれ出ている。その手はふだん海とともに淡々と生活の中で動かされる手である。
 本書は、今日の主流的である事象データー記述中心の文章を重視した民俗報告に対して「人々の生活感情をより豊かに表現する方法」への論議が繰り返される中で、一つの方向性を示している。しかも1975年と1992年の写真を配置することで<変化>をとらえる視点も配慮され、民俗社会の変化の激しい現代においてビジュアル資料としての記録性の価値も高いものになっている。

« 書評『フォークロアは生きている』 | トップページ | シンポジウム「沖縄の紙資料からみえてくるもの」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化人類学・民俗学」カテゴリの記事

女性と文化」カテゴリの記事

1993年」カテゴリの記事

宮古・島文化研究」カテゴリの記事

金城朝永ほか沖縄人物」カテゴリの記事

管理人発表文章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 書評『フォークロアは生きている』 | トップページ | シンポジウム「沖縄の紙資料からみえてくるもの」 »