2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 沖縄県立芸術大学附属研究所公開文化講座 | トップページ | 韓国の史跡ー浦添城跡との関連を求めてー »

2007年4月28日 (土)

沖縄学雑感ー内なる文化への眼差しー

1996(平成8)年6月24日(月)『宮古毎日新聞』掲載

  「沖縄学雑感―内なる文化への眼差しー」
 
私は、浦添市立図書館沖縄学研究室に勤務しながら、沖縄関係の資料収集や整理を行っている。また、地元の大学や看護学校で非常勤講師を、ここ数年勤めている。
 うりずんの季節に20歳前後の若者達と出会う。ほとんどが沖縄県・地元出身の学生達である。担当講義の内容は「文化人類学」、「沖縄の歴史と文化」などと異なる科目である。しかし、私は一番最初の講義に、いつも同じ問いを学生達に投げかけている。「①沖縄の地図を作成し知っているだけの離島や地名を書き込むこと。②行ったことのある島の名前を書くこと。」
 毎年同じような内容の沖縄県の地図が白紙に描かれて提出されてくる。輪郭もおぼろ気な白っぽい島が、不安定な位置関係を示し、平均して4から5の地名が記入されている。3ヶ所以上の島に訪れたことのある学生は50人中2,3人いるかいないかである。ほとんどの学生が沖縄本島と周辺の離島の情報を中心に描く。先島地名と位置関係をまとまって記入したのは、間違いなく先島出身の学生。しかし、この学生達も沖縄本島や周辺離島の空間は、白く残されたままである。生活空間である沖縄県に対して、日本地図、世界地図よりもおぼろ気な情報しか持ち得ない現実をどううけとめればよいのか。
 こうした結果に、最初の年は驚きもした。私以上に、彼ら自身の方が戸惑いを隠せない様子である。そんな時、彼らと同年齢だった頃の私に思いをめぐらせてみる。そこには、彼らと余り差異のない認識で精一杯の私がいた。
 沖縄県の若者たちが生活し、そして描けない空間は、毎日の天気予報、そして台風時にはより頻繁に、テレビの画像から提供され、目にする機会が少ないわけではない。けれどもその情報に対して、子供達の中に実感、つまり実在の空間として認識されていないのである。記憶さえもままならないのが現状である。
 複雑な心境で、「沖縄県は160余りの島があり、47の島で人々が生活を営み歴史や文化を育んでおり、その島々の集まりで構成されている」という、基本的なことから話始める。そして「出来るだけ多くの島を訪れ、自分の足で歩き自分の感覚で、その自然や日常生活の風景、島の表情に触れること」を学生達に提案する。その場所や社会を自身の中に実感として位置づける。それは、同時に私自身の課題でもある。
  亜熱帯の島々に悠久に流れた時間に育まれた民俗の世界が、圧倒的なエネルギーをもって、人々の日常の精神世界に息づいている。文化とは何か。それは人々の心の中に深く根ざした吐息であると思う。それは人々の深層での息遣いではないのか。その場所に立ち、息遣いに五感を感応させる。それが文化を学ぶということではないかと考えている。<内なる文化>にこそ、その感覚を研ぎ澄ますことが、<他文化>への理解の始まりではないのか。内なる場所として宮古を持っている私には、同時に様々な沖縄をいかに内なるものとして染み込ませるかが重要であろう。
 沖縄を対象とした様々な分野の研究は<沖縄学>と呼ばれている。地元の研究者も増え、多くの研究成果がある。その対象は専門性も多く、細分化される傾向にある。また、図書館には、沖縄学の内容に関する県外や外国からの問い合わせも多い。こうした研究が盛隆を極めていく一方で、<内なる場所>に触れる機会を失い、その<間取り>にすら迷ってしまう若者がいる。
 沖縄学の父と呼ばれる伊波普猷は、ニーチェの言葉をかりて「深く掘れ、己の胸中の泉、余所たよて水や汲まぬごと」の琉歌を詠んだ。自分自身の立つ場所を深く理解すれば、そこには泉のように豊かな世界が広がっているという意味だ。その言葉を伝えていきたいと思う。私の沖縄学のテーマは「人々を育んだ沖縄の風景に興味をもってもらう手伝いをする」ことに他ならない。

« 沖縄県立芸術大学附属研究所公開文化講座 | トップページ | 韓国の史跡ー浦添城跡との関連を求めてー »

文化人類学・民俗学」カテゴリの記事

女性と文化」カテゴリの記事

沖縄文化研究」カテゴリの記事

管理人活動・研究報告」カテゴリの記事

1996年」カテゴリの記事

宮古・島文化研究」カテゴリの記事

管理人発表文章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄県立芸術大学附属研究所公開文化講座 | トップページ | 韓国の史跡ー浦添城跡との関連を求めてー »