2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 空飛ぶ線の動揺シリーズー序ー | トップページ | 「唐獅子」:「名護岳を歩く」 »

2007年4月20日 (金)

「唐獅子」:「フクロウ・孤独な翼」

「空とぶ線の動揺」シリーズ1 「フクロウ・孤独な翼」

  人々の心の中に、他界のイメージを与え、生活するレベルで、他界を現世に接触させ引き寄せる象徴的存在の生物は少なくありません。
 奄美を題材に多くの絵を残している画家・田中一村の〈奄美の杜〉と題された作品の中にフクロウが描かれています。南国の強い太陽の陽射しもとどくことの無い程に、亜熱帯の植物がうっそうと繁る杜の中で、片目を閉じたフクロウが浜木綿とともに杜に流れる時間を静かに見つめています。
 この絵のフクロウには、魔性だけでなく幻想・神秘の雰囲気の中に孤独の悲しみが漂うのです。
 奄美大島宇検村の民俗調査の際にお聞きした話。
 夜更けに集落近くでフクロウがホゥホゥと鳴く時不安になるという。集落の中で葬式が出る時の予兆…。この鳥は(青鳩とともに)あの世で死者の歓迎にふるまわれるご馳走の材料として考えられていました。人々は、フクロウが病人や老人の家の近くでにきて鳴くことを「(私は)あなたのあの世でのご馳走として出されるために、これからあの世に旅立たなくてはならない。それが悲しくて鳴いている…。」と解釈しています。
 この世とあの世との媒介者としての存在と同時に、フクロウそのものにも〈死〉という抵抗することのない不条理な運命の悲しみを人々は見ています。<死>の悲しみ、恐怖を人々とともに共有する存在といえましょう。フクロウのホゥホゥと鳴く声を聴く時、これから訪れる両者の<死>は、自然を舞台としたドラマの中で受け入れられてしまいます。
 森羅万象にカミがやどるとするアニミズム的なものとは少し異なる感覚の構図。
 沖縄周辺離島・農村の人々の生活様式は年々都市化が進み、それに伴う自然環境の破壊。人が自然の中で同じ命を持つ生物達へ目を向けていた時が遠くなります。もう悲しい旅立ちを知らせる声は微かに聞こえるばかりです。
                      1990年7月5日(木)「沖縄タイムス」掲載

« 空飛ぶ線の動揺シリーズー序ー | トップページ | 「唐獅子」:「名護岳を歩く」 »

文化人類学・民俗学」カテゴリの記事

沖縄文化研究」カテゴリの記事

1990年」カテゴリの記事

文化史・文化表象」カテゴリの記事

宮古・島文化研究」カテゴリの記事

管理人発表文章」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 空飛ぶ線の動揺シリーズー序ー | トップページ | 「唐獅子」:「名護岳を歩く」 »