2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 『伊是名村銘苅家の旧蔵品および史料の解説書』 | トップページ | 『首里城研究』と首里城研究会 »

2007年6月11日 (月)

「ユッカヌヒー展のお知らせ

Img_1495_1 「ユッカヌヒーニライアート展」
  若手で精力的に展示会、体験講座などの活動を展開する張子玩具作家の豊永盛人氏が中心になって開催するユッカヌヒー展は今年で4回目。ご夫婦二人が沖縄県立芸術大学卒業され、首里に工房(ロードワークス)を構えているからか、芸大附属芸術資料館でのユッカヌヒー展は3回目ですね。毎年とても楽しい遊びの空間が展開されます。玩具展ではなく今年はアート展。遊び心満開のアートをお楽しみください。
以下は豊永盛人氏からのメッセージです。
琉球玩具Road Worksの豊永と申します。今年は6月18日が旧暦の5月4日(ユッカヌヒーにあたります)この日をはさんで5日間様々な分野のアーティストがユッカヌヒーや子どもををテーマにした作品を展示します。そんなグループ展を行います。どうぞ宜しくお願いします。
*期間:2007年6月15日(金)から19日(火)
     Am10:00からPM17:00まで
     17日(日)には2時半からナオキ屋によるライ
     ブとアーティストトークがあります。
*場所:沖縄県立芸術大学附属図書・芸術資料館
      〒903-8602 那覇市首里当蔵町1-4
      TEL:098-882-5038 FAX:098-882-5068
*芸術資料館への問合せ
aguni@kigei.ac.jpです。
期間中、玩具Road Worksの店舗で展覧会に出品している作家さんの作品 を少しですが販売いたします。展示会場から5分ほど歩いて頂くことになりますが、興味を持って下さいましたらご足労下さい。
<参加作家紹介>
*上間司
ティッシュの箱をバスに見立てた造形の作品を出展.日曜日には一日中バスに乗っている彼の観察ポイントが作品の見所。
*上里浩也
世界の飛行機(ジャンボ)や国旗などをセロテープや色鉛筆を駆使した独自の技法で表現。
*奥山泉
立体や絵画、様々な素材を使った表現でタコやイカを作ることがあるほかにも犬や猫も作るし自分自身の経験の中から見えてくる風景を形にしていく作家。
*賀川理英
紅型工房橙(だいだい)。紅型という古典的な技術と現在的なデザインの融合が見所。
*カニメガ
池間さんと仲間さんの二人組、琉球花札や闘牛カードなど沖縄をモチーフにした作品のデザインの慎重さと明るさすばらしいアートユニット。
*狩俣明宏
路線バスに対するこだわりと愛が作品の核であり全てです。その広がりと深さが作品の魅力。
*喜舎場智子
金細工の装飾品の他にオブジェや実用品など表現としての金工の可能性をどんどん広げている作家。
*小孫哲太郎
陶芸家 現在千葉県で「ちばりよー」という工房を構えています。知識よりも技術力よりも人間味が表に出てくる彼の作品は、見ていてとても楽しいです。
*實藤ももこ
沖縄県立芸大卒の染織家、詩的な作品に込められたささやかなメッセージは見る人を選びます。今回はお手玉を出品。
*垂水健吾
写真家 色鮮やかな写真は、肉眼の一歩先の映像のように思います。その中にあるどこか現実的でおかしな部分が僕は好きです。と思っています。
*豊永美菜子
張り子作家の豊永盛人の妻。今回は娘のためのモビールを合作します。
*豊永盛人
古典的なものから創作ものまで色々な張り子を作っています。その他に平面や立体いろいろな素材も扱っています。
*中村真理子
琉球張り子を戦後に復刻した第一人者古倉保文さんの後継者こくら張り子のすべてを一手に引き受けています。
*東恩納侑
カラフルな針金を折り曲げただけでできたシンプルな造形ですがこれ以上何も必要としない完成度を感じます。
*古谷千佳子
写真家 対象物と向き合うことその慎重さと謙虚さがすごく伝わる写真です。
*宮城光男
シーサー作家 漆喰シーサーをメインとした様々なシーサーを作っています。他にも自分の感性に触れたものならどんなものにも挑戦していく恐いもの知らずな作家です。
*宮良耕史郎
久米島で五松工房という木工の工房を構えてオリジナルの家具やインテリアなどを作っています。今回は豊永盛人と合作でおもちゃ箱を展示します。
*吉田俊景
彫刻家 吉田さんの彫刻は物事には手順というものがあるんだけれどもそれはそれぞれの立ち場があってそれによって全然違ってくるんだけれども今自分の場所から見える範囲での正しい選択はしてきたと思うんだけどどう思う?と問われているような気になります。
*ナオキ屋
読谷村在住の音楽家 主に打ち込みと弾き語りによる単独での演奏活動を行っています。個人的なメッセージの個人的さ加減とライブパフォーマンスのクオリティの特殊さは唯一無二です。

展示会について、お電話でのお問い合わせは、098-887-4069  玩具Road Worksにお願いします。
玩具Road Worksの営業時間は火曜から日曜の10時から18時までです

« 『伊是名村銘苅家の旧蔵品および史料の解説書』 | トップページ | 『首里城研究』と首里城研究会 »

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『伊是名村銘苅家の旧蔵品および史料の解説書』 | トップページ | 『首里城研究』と首里城研究会 »