2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 展示会「甦る琉球王国の輝き」 | トップページ | 展示会<美術家たちの「南洋群島」> »

2008年12月12日 (金)

展示会「沖縄・プリズム1872-2008」

Photo   12月上旬東京の国立近代美術館で開催されている「沖縄・プリズム 2872-2008」展示会を観てきました。
 なかなかいい展示会でした。偶然に出向いた日に学芸員のギャラリートークが予定されており、展示会のコンセプトや作品解説をじっくり聞くことができてよかった。
 昨年11月に開館した沖縄県立博物館・美術館の美術館側で開催された展示の作品・資料も、多く重なっているので「どうだろうか?」と思っていたけれど…。
 やはり学芸員の力量が展示会には問われていきます。作品に真摯に向き合い、独自の解釈の中で展示空間を組み立てていく…。いい展示会でした。どの作品をチョイスし何をそぎ落としてコンセプトを際立たせるかに、思考の動きが伝わる空間です。Photo_2
 チラシも伊志嶺隆の写真を採用し、<沖縄的>でない試みも個性てきですね。近代以降現代の沖縄美術・芸術をいろいろな角度から光を当てる…。
  図録も企画者の意図が十分反映されて作成されており、教科書的でサークル雑誌のようだった沖縄県立博物館図録とはぜんぜん違う…学芸員の仕事とは…という…いい出来でした。 
 沖縄在や沖縄出身で県外で活動している若手の作家達の新作は、素直なエネルギーが伝わるいい作品でした。特に山城ちかこさんの作品は、一皮むけたという感じの創作で光っていました。
  会期はもうしばらくですが、東京近郊の方はぜひご覧ください。

*「沖縄・プリズム 1872-2008」
*場所:東京国立近代美術館
*期間:2008年10月31(金)~12月21日(日)
     月曜日及び11月25日は休館
*主催:東京国立近代美術館

 

« 展示会「甦る琉球王国の輝き」 | トップページ | 展示会<美術家たちの「南洋群島」> »

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 展示会「甦る琉球王国の輝き」 | トップページ | 展示会<美術家たちの「南洋群島」> »