2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 展示会「壺屋焼近代百年のあゆみ」 | トップページ | 沖縄民俗学会1月例会 »

2009年1月 5日 (月)

「沖縄の紙文化のあり様」

 2008年12月8日(土)9日(日)にお茶の水大学で開催された日本民具学会に参加しました。
課題発表テーマが「紙」だったので、沖縄の紙を考える会の活動をしている私としては、ぜひ発表を…と思いました。
 発表テーマは「沖縄の紙文化のあり様」と大風呂敷を広げた感のあるタイトルでしたが、内容は東アジアの紙文化にもつながる紙銭文化、祭事に使われる白赤黄の紙などなど、現代の生活で使用される紙を紹介しました。参考資料として、粟国恭子監修の『沖縄の工芸 紙』冊子を配布資料にしました。
 他の発表者は、紙布の研究者、チラシ情報を読み解く研究者などまじめな若手研究者が発表していました。

« 展示会「壺屋焼近代百年のあゆみ」 | トップページ | 沖縄民俗学会1月例会 »

文化人類学・民俗学」カテゴリの記事

管理人活動・研究報告」カテゴリの記事

民具・造形・技術文化」カテゴリの記事

2008年」カテゴリの記事