2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 比嘉康雄・東松照明の写真展 | トップページ | 沖縄民俗学会4月例会のお知らせ »

2009年4月14日 (火)

訃報 比嘉政夫先生

Higa1  沖縄の社会人類学研究を牽引されてきた比嘉政夫先生が13日(午後10時30分ごろ)亡くなられました。
 訃報を聞いたばかりで…。
 急な訃報で驚きとともに、残念な気持ちです。
 御冥福をお祈りします。
琉大から国立歴史民俗博物館に移られ、沖縄大学と…。2008年に沖縄大学を退官されてから私設の「琉球・アジア地域研究所」(http://iras-higa.org/index.html)を開設されて、新たな活動を展開するとはりきっておられたのに…。
 沖縄民俗学会(元会長、現顧問)、県立博物館関連、県史をはじめ南城市誌など地域誌編纂など県内外の委員をされていました。沖縄の文化研究の重鎮でした。
 <社会人類学者>にこだわった先生でした。社会組織や門中、民俗信仰分野、特に女性原理と男性原理を切り口にしたお仕事は有名です。沖縄はもちろん、タイやラオス、中国(南西部の貴州、雲南)など東南アジアのフィールド経験も豊富でした。
 そして明るく気さくな人柄で…。気がお若くて…。
 学生の頃や沖縄民俗学会の活動など長年お世話になっているので、いろいろなことが思い出されます。
 12月の「仲松弥秀と沖縄研究」をテーマにしたシンポでは、当日は出張先の東京から移動され参加されて…。フットワークの範囲が広い先生でした。Higa2
 2月もお元気でしたのに…。
 本当に残念です。
 
<比嘉先生の経歴>
 沖縄大学の教員紹介HPの内容(先生ご自身で書かれた)を参照し、後年部分を補足作成しました。          

1936(昭和11)年
8月19日 沖縄県那覇市住吉町で漁師の子として生れる。
1944(昭和19)年8
8月大分で終戦を迎える。
1946(昭和21)年10
沖縄に引き上げる。
1949(昭和24)年13
糸満小学校へ移る。 小学校は入学して卒業まで5回転校この体験が異文化への関心の基礎を築いた)、 糸満中学校、 糸満高等学校を卒業。
1955(昭和30)年19
琉球大学国文科へ入学、在学中、 反基地、 土地闘を体験、 デモに参加した先輩、 同級生が退学、 停学などの処分を受ける。 在学中、 仲宗根政善教授の薫陶を受け、 方言研究に目覚め、 1957年、 先輩、 同級生とともに琉球方言研究クラブを創設。
1959(昭和34)年23
琉球大学を卒業、 師の勧めで研究生となる。
1960(昭和35)年24
研究生終了。 研究論文 「那覇垣花方言のアクセント体系」を提出。 その論文が国語学会誌 『国語学』 41号に掲載される。
その年から始まった教員採用試験に合格し、 沖縄工業高校に国語教師として就職。
1961
(昭和36)年25
高校教師を退職し上京、 東京大学文学部言語学科研究生となり、 服部四郎教授などに師事。 そのころから、 社会人類学への興味強まる。
1962(昭和37)年26
東京都立大学大学院、 社会人類学専攻へ入学。 修士、 博士課程へと進んだが、 就職口なくオーバードクターとして9年在籍。 その間、 フィリピン、 タイの現地調査に参加することが出来た。
1964(昭和39)年28
3 琉球大学教員要員大学院国費留学生(7名)として琉球育英会を通じ文部省に石川友紀(元琉大教授)とともに社会人類学専攻推薦される。4月博士課程進学。
1971(昭和46)年35
首里高等学校教諭となる。
1973(昭和48)年37
琉球大学講師として就職、 助教授、 教授を経て、1994退職。
1994(平成6)年58
国立歴史民俗博物館民俗研究部教授 (部長兼任6年)、 総合研究大学院大学教授 (併任)、慶応大学大学院、 明治大学大学院、 早稲田大学大学院などで、社会人類学、 沖縄文化特講などを担当 (非常勤)
2002(平成14)年66
3月 国立歴史民俗博物館定年退職
4月沖縄大学法経学部教授(特任)となり、同大学地域研究所所長を務める(20062008年3月)
7月国立歴史民俗博物館名誉教授となる。
2008(平成20)年72
2月 東恩納寛惇賞受賞(琉球新報社)。
3月 沖縄大学法経学部教授退職。
4月 私設研究所「琉球・アジア地域研究所」開設。
2009(平成21)年
413日 永眠(3月入院、病気療養中)72歳。告別式4月16日(木)午後2時30分那覇市真教寺にて。


<主な著作>

*『沖縄民俗学の方法』 (1982年、 新報社)
*『沖縄の門中と村落祭祀』 (1983年、 三一書房)
*『女性優位と男系原理』 (1987年、 凱風社)
*『沖縄の祭りと行事』 (1992年、 沖縄文化社)
*『沖縄を識る』 (1998年、 国立歴史民俗博物館)
*『沖縄からアジアが見える』 (1999年、 岩波書店)
*『海洋文化論』 (1993年、 凱風社)(編著)

« 比嘉康雄・東松照明の写真展 | トップページ | 沖縄民俗学会4月例会のお知らせ »

沖縄文化研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 比嘉康雄・東松照明の写真展 | トップページ | 沖縄民俗学会4月例会のお知らせ »