2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 沖縄民俗学会6月例会のお知らせ | トップページ | 真栄平房昭「琉球館の亡霊ー「戦争の記憶」をめぐってー」 »

2009年6月17日 (水)

写真雑誌『LP』第7号ー特集・山城知佳子ー

Photo_4  沖縄の美術家・ビデオアート作家の山城知佳子さんの話を、あれこれとしていた数日後、K先生から沖縄の写真雑誌『LP』第7号(発行:photogenic person's peace タイラジュン代表、編集:松本太郎 仲宗根香織 2009年6月6日発行)が届きました。

 山城知佳子特集号で72Pでボリュームある特集。
内容も座談会「イメージの連鎖 物語の力と反物語」(首里フジコ、新城郁夫、宮城潤、山城知佳子、砂川敦志、仲宗根香織)
 沖縄に生れ、地元の県立芸大に学び、地元で活動を続ける山城の関連の深い人々が寄稿している。田中睦治「山城知佳子が山城知佳子になるまでにーその1」、喜名えりか、宮城潤、小林純子「沖縄の内面を穿つ力ー『オキナワTOURIST-I like Okinawa Sweet』」、新城和博、根間智子、濱治佳、仲田晃子、鈴木勝雄「見つめるのでもなく、対峙するのでもなくーある水辺の物語」、渡辺真也、屋嘉比収「山城の作品は私たちの身体を通ったか?」…。
 そして家族での座談会などなど…。
 いろんな視点で山城を取り上げており、面白い。

また、芸大関係者の若手研究者(沖縄写真史).・友寄寛子が「比嘉康雄と東松照明の二人展」について、大畑光範が「アトミックサンシャインの中へin沖縄ー日本国平和憲法第9条したにおける戦後美術」について短い論評を寄せている。
 沖縄でもそろそろ、美術批評の成熟する気運が生まれたかと…うれしくなる。

« 沖縄民俗学会6月例会のお知らせ | トップページ | 真栄平房昭「琉球館の亡霊ー「戦争の記憶」をめぐってー」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

作家・工房紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沖縄民俗学会6月例会のお知らせ | トップページ | 真栄平房昭「琉球館の亡霊ー「戦争の記憶」をめぐってー」 »