2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 第33回沖縄文化協会賞金城朝永賞受賞 | トップページ | 「大神島からみる小さなシマの文化とことば」上映会・シンポジウム  »

2011年12月15日 (木)

AKAMINE MANABU × 赤嶺学 展

Photo_2  
 陶芸家の赤嶺学の個展が2012年12月1日(木)~11日(日)まで、那覇市壺屋の陶・よかりよで開催されました。
沖縄の作家ではめずらしく、白磁の作品を作る作家さんです。白磁といっても一般的な白磁のイメージとは違って艶を極力さけているようだ。今回は白の器(皿・カップ・片口など)が多く出品されていた。単なる白ではなく、木片や錆を装飾として使用し個性を出してくる。
 記念に、渋めの釉薬を使った片口を購入。それは赤嶺が、今回の個展で<一押し>のシリーズではないのかもしれないが、そして作家自身がまだ意識化しているか定かではないか、一番色気のある作品群。よかりよのオーナーに聞くと売れ行きがいいのだという。
 同期間中に壷屋焼物博物館では、「アカミネ サイクル」の造形作品が展示されていた。それは豊かな感性があふれる展示であった。 

« 第33回沖縄文化協会賞金城朝永賞受賞 | トップページ | 「大神島からみる小さなシマの文化とことば」上映会・シンポジウム  »

作家・工房紹介」カテゴリの記事

展示会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第33回沖縄文化協会賞金城朝永賞受賞 | トップページ | 「大神島からみる小さなシマの文化とことば」上映会・シンポジウム  »