2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 平良勝保『近代沖縄最初の「植民地」沖縄と旧慣調査1872-1908』 | トップページ | 郷還りした逸品「琉球古典焼」展 »

2012年1月25日 (水)

「明治30年代の沖縄の麻織物ー第5回内国勧業博覧会」

2012年1月20日(金)に開催された 第74回沖縄染織研究会で「明治30年代の沖縄の麻織物ー第5回内国勧業博覧会と全国・宮古・八重山ー」と題した研究発表を行いました。(午後7時~9時、沖縄県立芸術大学首里金城キャンパス附属研究所2回AV講義室)。
 昨年の「近代沖縄殖産興業政策と宮古上布」について発表した、第二弾です。昨年は明治10年代と27年、明治35年以降の近代沖縄の殖産政策と上布がどのようなあり様を示すのかといった内容を、博覧会、共進会の参加状況を紹介しました。

 今回は明治30年代、人頭税制度が廃止されて間もない明治30年代の時期、宮古・八重山の地域でどのような布の生産んがなされているのかを、宮古八重山の各間切ごとにあり様を示すことで、従来宮古・八重山といった大枠で語られる上布・織物生産をもう少し地域社会に照らし合わせて理解したいと思い資料整理。

 また、従来の沖縄研究では、第5回内国勧業博覧会(明治36、大阪開催)では人類館事件についての言説が多く展開しているものの、実は博覧会本来の性格に即した沖縄の近代資料は無視されており、内国勧業博覧会各回への沖縄県参加状況の具体的な内容は十分に検討されていません。
 今回の発表では第5回内国勧業博覧会に参加した沖縄の織物関係事情を見るとともに、その中での<麻織物>分野で、参加した沖縄以外の地域の全国の麻織物と沖縄の麻織物への評価について資料を紹介した。また、各県の販売所の一角に設けられた沖縄県販売所の写真なども紹介しました。
 発表原稿は、4月頃に研究会会報で紹介されます。

« 平良勝保『近代沖縄最初の「植民地」沖縄と旧慣調査1872-1908』 | トップページ | 郷還りした逸品「琉球古典焼」展 »

文化・芸術」カテゴリの記事

女性と文化」カテゴリの記事

沖縄文化研究」カテゴリの記事

近現代史」カテゴリの記事

宮古・島文化研究」カテゴリの記事

2012年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平良勝保『近代沖縄最初の「植民地」沖縄と旧慣調査1872-1908』 | トップページ | 郷還りした逸品「琉球古典焼」展 »