2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« シンポジウム「宮古の明日を拓くー人と自然との調和を目指して」 | トップページ | 復帰40年 在京宮古・沖縄県人会の復帰運動  »

2012年5月 4日 (金)

孤高の画家・田中一村展 6日まで

Photo

 沖縄県立博物館・美術館で奄美の自然を多く描いた「田中一村展」が開催されている。
亡くなってからの評価が高くなった孤高の画家である。
 田中一村の絵を初めてみたのは、学生の頃(1980年代後半)に奄美・笠利の小さな博物館だった。何度観ても新しい発見がある。
 湿度の高い奄美の自然が、その地の民俗伝承の寓話性もまとった形で、日本画で描かれる。ビロウやソテツやクワズイモやオオタニワタリ、ヘゴの木や、好きだった鳥類や蝶が描かれることが多い。それに比べて人物を中心に作品を描くことはない。
2012年5月6日まで

 

« シンポジウム「宮古の明日を拓くー人と自然との調和を目指して」 | トップページ | 復帰40年 在京宮古・沖縄県人会の復帰運動  »

作家・工房紹介」カテゴリの記事

展示会」カテゴリの記事