2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 文化講座「沖縄からみた奄美文化」シリーズ担当 | トップページ | 文化人類学者・山口昌男 永眠 »

2013年2月28日 (木)

漆工史学会編『漆工辞典』執筆担当

Photo

 漆工史学会(荒川浩和会長)の設立30周年記念事業として『漆工辞典』が編纂・刊行されました。 2012年11月30日、角川学芸出版からの発行です。日本・アジアを含む漆工分野の約1450項目が選ばれ、琉球漆器の項目も多く入っているのが特徴となっている。
 私も「琉球漆器考」と「紅房」、「漆器工業調査報告」の項目執筆を担当した。

 『琉球漆器考』は石澤兵吾編集の琉球漆器の古文献で、明治22年に東陽堂から刊行されて、琉球漆器では広く知られている文献ではあるが、今回はその成立背景などもふれた解説になっている。
 「紅房」(べんぼう)も近現代沖縄で活動した琉球漆器工房。1927年に成立し2001年廃業まで近代以降新しい琉球漆器の活動を展開している。
 「漆器工業調査報告」は、工業試験所(東京)技師であった三山喜三郎がまとめた琉球を含む全国主要産地の漆器聖像に関する、明治43年発行の文献である。三山が明治41年にまとめた「琉球漆器調査報告」は研究者間でもあまり知られていない。「琉球漆器考」と「琉球漆器調査報告」は近代期の琉球漆器を理解する上で重要な資料となっている。

« 文化講座「沖縄からみた奄美文化」シリーズ担当 | トップページ | 文化人類学者・山口昌男 永眠 »

文化・芸術」カテゴリの記事

沖縄文化研究」カテゴリの記事

管理人活動・研究報告」カテゴリの記事

民具・造形・技術文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文化講座「沖縄からみた奄美文化」シリーズ担当 | トップページ | 文化人類学者・山口昌男 永眠 »