2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 漆工史学会編『漆工辞典』執筆担当 | トップページ | シンポジウム「川平朝申とその時代」のお知らせ »

2013年3月16日 (土)

文化人類学者・山口昌男 永眠

 2013年3月10日に文化人類学者・山口昌男(1931年8月20日生まれ)がなくなった。享年81歳。
1980年代後半に文化人類学という学問に触れた一人であるが、当時は山口昌男や中沢新一・浅田彰といった存在が影響力を少なからず持っていた。
 社会や文化における「トリックスター(道化)」や「中心と周辺」の理論ー差別や抑圧される側とそれを生み出す権力とその表裏の関係性を、それまでの概念と違った形で学んだ。文化<笑い>をめぐる側面も興味深く…。
 モーツアルトをライバル視した存在のサリエルになぞらえて、近しい友(後輩に)「サリエルになるなよ」の言葉を語っていたようだ。Book asashi.comに中沢新一が追悼文を寄せている。
 沖縄や鹿児島でのフィールド調査の模様を先輩に聞き、著作に触れる程度の、遠い存在の研究者でしたが、文化人類学への興味を広げてくれた存在でした。
 本棚には複数の著作が並んでいるが、追悼には『<敗者>の精神史』と『<挫折>の昭和史』を披いてその仕事に触れたいと思う。

 16日午前に東京府中市で告別式がいとなまれる。 合掌

« 漆工史学会編『漆工辞典』執筆担当 | トップページ | シンポジウム「川平朝申とその時代」のお知らせ »

文化・芸術」カテゴリの記事

文化人類学・民俗学」カテゴリの記事

2013年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 漆工史学会編『漆工辞典』執筆担当 | トップページ | シンポジウム「川平朝申とその時代」のお知らせ »