2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« <復帰>41年目の2千円札 | トップページ | 歴史家・新里恵二氏(84歳) 訃報 »

2013年5月23日 (木)

特集「東松照明ー戦後日本マンダラー」『現代思想5月臨時増刊号』 

Photo_3  戦後日本を代表する写真家・東松照明を特集した『現代思想5月臨時増刊号 特集 東松照明ー戦後日本マンダラー』第41巻第6号(2013年4月25日、青土社)が刊行された。
 昨年2012年12月14日に82歳で永眠された。
晩年まで写真を撮り続け、沖縄で「土門拳展」を開催した時には、オープニングセレモニーにも出席しその模様を撮影されていたのが印象てきであった。
 その前年には沖縄で写真展も開催された。このブログでも関連記事を紹介している。その記事でも少し触れたが、宮古の<乾いた>風土やそこに生きる心根を強烈に感じさせる写真を残した。
http://okinawabunkakougei.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-010a.html

 復帰40年を迎えた2012年末に人生を終えた巨人・東松照明。その死後間もない時期に特集が組まれ、編まれたその言葉は、東松の<生>に近いがゆえに、その距離感も様々である。
 再録テクスト(大島渚)や未収録インタビュー(「髪の風、…」)やエッセイ(島尾伸三、石川真生ほか)、なども多彩な内容となっている。
 東松は戦後沖縄とも関わり深い写真家である。この特集でも、沖縄と東松との関わりに触れた内容の文章も多く掲載されている(仲里効、田中康博、土屋誠一、翁長直樹ほか)。
 ほかに若手の写真史研究家・友寄寛子が「東松照明主要作品集・展覧会解説」で日本で発表された写真集・展覧会を中心に作品概観と活動をまとめている。地道な仕事で資料的な価値は高い。(ただP239と241の比嘉康男は比嘉康雄である。)
 
 

« <復帰>41年目の2千円札 | トップページ | 歴史家・新里恵二氏(84歳) 訃報 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

沖縄文化研究」カテゴリの記事

沖縄戦後文化」カテゴリの記事

作家・工房紹介」カテゴリの記事

沖縄近現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« <復帰>41年目の2千円札 | トップページ | 歴史家・新里恵二氏(84歳) 訃報 »