2023年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 画家・木下晋と作家・青木新門記念対談 in沖縄県立博物館・美術館のおしらせ | トップページ | 「麗しき琉球の記憶ー鎌倉芳太郎が発見した美ー」展のお知らせ  »

2014年4月23日 (水)

担当講座「民俗学Ⅰ・Ⅱ」講座内容 in 沖縄国際大学

沖縄国際大学で担当している「民俗学Ⅰ・Ⅱ」講座の内容です。この講座は、民俗学の概論になります。沖縄及び広く日本各地の民俗文化を紹介しています。
 地域社会(日本)の暮らす人々に伝わったさまざまな生活文化、その変遷を通して、人(日本)・文化(日本)を明らかにする学問が(日本)民俗学である。1週から4週は民俗学の成立と学説史を取り上げ「民俗学とはどのような学問か」の基本を確認する。前期の主なテーマは民俗学のテーマから<衣・食・住><イエとムラ><年中行事><人生儀礼><民俗信仰>のテーマを紹介し、生活文化に向き合う学問の視点を確認する。

①民俗学の成立と展開 生活文化を学ぶ意味 民俗学の考え方
(民俗学の研究対象·目的·方法)
②民俗学の歴史―民俗学①柳田國男、折口信夫、南方熊楠
③民俗学の歴史―民具学②渋沢敬三、宮本常一、民藝と民俗 有賀喜左衛門、柳宗悦
④沖縄と民俗学 伊波普猷、末吉安恭、金城朝永、比嘉春潮 <南島研究>の時代変遷
⑤生活と民俗① 衣
⑥生活と民俗② 食
⑦生活と民俗③ 住
⑧社会と民俗① 社会の民俗(イエとムラの民俗)
⑨社会と民俗② 家・家族
⑩社会と民俗③ 性と民俗(女と男の民俗)
⑪時間と民俗① 繰り返される時間 年中行事、祭
⑫時間と民俗② 人の成長と人生(子供、大人、老人)
⑬信仰と民俗① 生と死の民俗 (出産·葬儀の民俗)
⑭信仰と民俗② 神と霊魂の民俗 (祖先祭祀,他界観と民俗)
⑮信仰と民俗③ 境界と怪異の民俗(異人=·河童·天狗·狸の民俗)
⑯テスト・レポート

<民俗学Ⅱ>*後期講座内容
地域社会(日本)の暮らす人々に伝わったさまざまな生活文化、その変遷を通して、人(日本)・文化(日本)を明らかにする学問が(日本)民俗学である。1週から4週は民俗学の成立と学説史を取り上げ「民俗学とはどのような学問か」の基本を確認する。民俗学Ⅱでは民俗学のテーマから<自然と環境:海・山・里>の生活文化を紹介し、<ものづくりと技・民具論>で暮らしと造形文化について学び、<語りの民俗><都市と民俗>を取り上げ多様なテーマの存在と、また現代民俗学の課題を確認しながら、生活文化に向き合う学問の視点を捉える。

①民俗学という学問 生活文化を学ぶ意味 民俗学の考え方
(民俗学の研究対象·目的·方法)
②民俗学学説史①―民俗学①柳田國男、折口信夫、南方熊楠
③民俗学学説史②―民具学②渋沢敬三、宮本常一、民藝と民俗 有賀喜左衛門、柳宗悦
④沖縄と民俗学 伊波普猷、末吉安恭、金城朝永、比嘉春潮 <南島研究>
⑤自然と環境の民俗学① 海に生きる人々
⑥自然と環境の民俗学② 山と川に生きる人々
⑦自然と環境の民俗学③ 里に生きる人々
⑧自然と環境の民俗学④ 物と人の交流、移動する人々、都市に生きる人々
⑨ものづくりと技①
⑩ものづくりと技②
⑪語りの民俗① 口承文芸(昔話·伝説·世間話の民俗)
⑫語りの民俗② 記憶の問題 戦争の民俗 回想法
⑬都市と民俗 都市と地方・農村 限界集落・過疎
⑭現代民俗学の課題① 比較民俗学への道(環東シナ海文化圏の民俗)
⑮現代民俗学の課題② 現代の民俗学の課題
⑯テスト・レポート

« 画家・木下晋と作家・青木新門記念対談 in沖縄県立博物館・美術館のおしらせ | トップページ | 「麗しき琉球の記憶ー鎌倉芳太郎が発見した美ー」展のお知らせ  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 画家・木下晋と作家・青木新門記念対談 in沖縄県立博物館・美術館のおしらせ | トップページ | 「麗しき琉球の記憶ー鎌倉芳太郎が発見した美ー」展のお知らせ  »