2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 図録『麗しき琉球の記憶ー鎌倉芳太郎が発見した美ー』 | トップページ | 論考「鎌倉芳太郎が残した琉球芸術の写真」 »

2014年6月22日 (日)

2014年 鎌倉芳太郎関連展示会「麗しき琉球の記憶」

2014_2 「麗しき琉球の記憶ー鎌倉芳太郎が発見した美ー」は、沖縄県立博物館・美術館で2014年5月20日~6月22日(日)まで開催されている展覧会です。

 展覧会準備のお手伝いをしました。個人所有の森芳太郎、鎌倉自身の著作なども展示提供しました。
 鎌倉資料関係の展示会は、戦後6回ほど開催されていますが、今回は鎌倉資料紹介というよりも、鎌倉が東京美術学校を卒業して沖縄女子師範学校に赴任した大正10年からのべ6年間に魅了され調査された(写真や調査ノートなどの資料)琉球芸術の世界を紹介しています。戦後残された資料と合わせて展示することで時代の中で、また戦争でうしなった<琉球の文化>の美に触れる目的で開催されています。
 
 戦前に記録された琉球芸術の写真などとそれらが戦禍をくぐりぬけて断片的な形で残され展示されている会場にたたずむ時、<破壊>をもたらす戦争の意味を考えます。
 約70年前は、沖縄戦末期。この時期に沖縄社会が失った人々・もののをどのように今日の沖縄が身体化された記憶として継承できるかが問われている時代ではないでしょか?

« 図録『麗しき琉球の記憶ー鎌倉芳太郎が発見した美ー』 | トップページ | 論考「鎌倉芳太郎が残した琉球芸術の写真」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

沖縄文化研究」カテゴリの記事

管理人活動・研究報告」カテゴリの記事

2014年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 図録『麗しき琉球の記憶ー鎌倉芳太郎が発見した美ー』 | トップページ | 論考「鎌倉芳太郎が残した琉球芸術の写真」 »