2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 復刻版雑誌『おきなわ』の解説文 | トップページ | 新刊 仲里効著『眼は巡歴する―沖縄のまなざしのポリティーク』 沖縄映像論 »

2015年2月16日 (月)

20150315「第3階戦後沖縄研究コロキウム」のお知らせ

Photo

2013年から年1回ペースで開催されている戦後沖縄研究コロキウムの第3回目が開催されます。
 戦後70年が始まりました。
 第3回目の今回は、戦後10年目、1950年~1955年の期間に東京で発刊(46号)された雑誌『おきなわ』の今年1月に復刻刊行を記念して、戦時そして戦後に在京(関東地方)に暮らした沖縄人たちと、地元沖縄、移民社会の<沖縄>、戦後1950年代のいろいろな<沖縄>のあり様を確認したいと思います。

 *「戦後のはじまりのトライングル・コンタクトーその時・その場所でー」
 *期 日:2015年3月15日(日)午後2時~午後6時30分
 *会 場:沖縄県立芸術大学当蔵キャンパス一般教育棟3階大講義室
 *入 場:無 料 資料第:300円
 *主催・問合せ
:戦後沖縄研究コロキウム実行委員会
 事務局 E-mail: okinawacollquium@gmail.com 

 *後 援:沖縄県立芸術大学附属研究所、不二出版、沖縄文化・工芸研究所
  *参加者:広く一般公開
<プログラム>
コロキウム開催趣旨説明   午後2:00~2:10

1、上地聡子(早稲田大学国際教養学部助手:近現代史)2:10~2:50
「雑誌『おきなわ』からみる「沖縄」の重層性―サンフランシスコ講和期の在ハワイ、在関西の沖縄人―」
2、戸邉秀明(東京経済大学:近現代史)  2:50~3:30
 「1950年代前半における「東京の沖縄」 ―雑誌『おきなわ』の隣にあるもの―3、泉水英計(神奈川大学:文化人類学)  3:40~4:20
 「二つのミンゾク学と琉球研究―金城朝永を焦点に―」
4、粟国恭子(沖縄県立芸術大学附属研究所:歴史民俗学、沖縄近現代文化史) 4:20~5:00
 「サンフランシスコ講和条約前後の雑誌『おきなわ』と沖縄研究者」
5、鳥山 淳(沖縄国際大学:社会学・沖縄現代史)5:00~5:40
 「戦後沖縄と雑誌『今日の琉球』」

« 復刻版雑誌『おきなわ』の解説文 | トップページ | 新刊 仲里効著『眼は巡歴する―沖縄のまなざしのポリティーク』 沖縄映像論 »

沖縄文化研究」カテゴリの記事

沖縄戦後文化」カテゴリの記事

沖縄近現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 復刻版雑誌『おきなわ』の解説文 | トップページ | 新刊 仲里効著『眼は巡歴する―沖縄のまなざしのポリティーク』 沖縄映像論 »