2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 『沖縄県史 各論編8 女性史 』刊行のお知らせ | トップページ | 『沖縄県史各論編8 女性史』コラム「戦後八重山への出稼ぎ」執筆担当 »

2016年5月 6日 (金)

『沖縄県史各論編8女性史』「近代における祭祀の変容」執筆

2016年3月に刊行された『沖縄県史各論編8 女性史』の第二部第四章に「近代における祭祀の変容」(粟国恭子)について執筆を担当しました。
 文化人類学や民俗学の伝統的なテーマである<祭祀>や<神女><ユタ>について久しぶりに文章を書きました。紙面数の都合かなり縮小して概要的な記述になりましたが、今回はジェンダー・ポロティクスの視点から以下の構成で論じています。

はじめに
第1節 公的な祭祀と神女の近代
 1、王府時代の神女の祭祀
 2、近代化による神女祭祀の変容
 3、ノロの改宗ー新しい「神」とのコンタクトー
第2節 仏教・神道の祭祀と女性たち
 1、臨済宗・真言宗と王府祭祀と神女たち
 2、真言系神社・琉球八社と女性司祭(内侍)の近代と国家神道
 3、浄土真宗と那覇女ー遊女たちの祭祀ー
第3節 近代化における「巫女・ユタ」ー私的な祈りの女ー
おわりに

沖縄の民俗信仰の世界は、女性の優位性が語られるが、その多様な実践を記したつもりです。また近代以降の多様な女性たちのあり様を「沖縄の女=祈る女」のステレオタイプで<抱え込む>危うさもあることも記せたことは「女性史」ならではだとおもいます。

« 『沖縄県史 各論編8 女性史 』刊行のお知らせ | トップページ | 『沖縄県史各論編8 女性史』コラム「戦後八重山への出稼ぎ」執筆担当 »

文化人類学・民俗学」カテゴリの記事

女性と文化」カテゴリの記事

管理人活動・研究報告」カテゴリの記事

管理人発表文章」カテゴリの記事

2016年」カテゴリの記事

沖縄近現代史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『沖縄県史 各論編8 女性史 』刊行のお知らせ | トップページ | 『沖縄県史各論編8 女性史』コラム「戦後八重山への出稼ぎ」執筆担当 »