2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ガジェットギャラリー
無料ブログはココログ

« 東松照明写真展「キャラクターP」2023in沖縄 | トップページ | 特集<「平良孝七展」を再考・再審する> 雑誌『越境広場』13号(2024年4月28日発行) »

2023年8月17日 (木)

雑誌『越境広場』12号(2023年8月10日発行に寄稿

12 <来るべき言葉のための巡航誌>を指向する雑誌『越境広場』12号(越境広場刊行委員会編集・発行)が2023年8月10日に刊行されました。沖縄から発刊されている雑誌ですが、書き手は沖縄、日本、台湾、韓国系の方と幅広い視点が特徴です。
 特集:沖縄戦と出会い直すー”ならん”を繋ぐ、■東アジアを戦場にしないために ■琉球弧の島々の軍事化に抗して など多くの執筆者が寄稿しています。編集委員会の皆さんお疲れ様です。12_20230817094501
 特集に「過去の戦争と未来を繋ぐ文化表象論-丸木位里・俊の作品を中心に」(粟国恭子)を執筆しました。丸木夫妻の「原爆の図」や「沖縄戦の図」を取り上げました。
 長年大切にしていたテーマで、大学講義でも取り上げてきました。

12_20230817094502
販売は、沖縄県内ではじのん、ジュンク堂で扱っています。ネットではブックス・マングローブで購入できます。最新号12号は8月下旬に確実に取り扱いできるのではないでしょうか。

12_20230817100601

 

 

 

 

 

« 東松照明写真展「キャラクターP」2023in沖縄 | トップページ | 特集<「平良孝七展」を再考・再審する> 雑誌『越境広場』13号(2024年4月28日発行) »

文化人類学・民俗学」カテゴリの記事

沖縄戦後文化」カテゴリの記事

文化史・文化表象」カテゴリの記事

2023年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 東松照明写真展「キャラクターP」2023in沖縄 | トップページ | 特集<「平良孝七展」を再考・再審する> 雑誌『越境広場』13号(2024年4月28日発行) »